キシリトールについて

本来、歯の表面についているプラークには、善玉菌(キシリトールに感受性のないミュータンス菌)が約10~15%と、悪玉菌(キシリトールに感受性のあるミュータンス菌)が、約85~90%、住んでいます。
口の中に食べかすや糖があると、悪玉菌はそれを取りこんで酸を作ります。
この酸が虫歯の原因となっています。
そしてこの悪玉菌はエネルギーを蓄えて増え、ネバネバ成分を出して、歯の表面にしっかりくっつきます。そのため歯ブラシしてもなかなか落ちません。

善玉菌はネバネバ成分を出していません。
そのため、歯ブラシで簡単に落ちるので、虫歯の原因になりにくいのです。

キシリトールがあると、悪玉菌は他の糖と同じように取り込んで酸を作ろうとしますが、うまく作る事ができません。
結局、取りこんだキシリトールを外に出していきます。
しかし、いったん外に出したキシリトールを悪玉菌は、また取りこんでしまい、この時、キシリトールは悪玉菌のエネルギーになりません。逆にエネルギーを消費し、数が減ってしまいます。
善玉菌はキシリトールを取りこみません。
そのためエネルギーを消費することもなく、数がだんだん増えていきます。

キシリトールを1日3食後に食べ続けていると、ほとんどが善玉菌になります。
キシリトールを食べ続けた場合(2週間以上)75~83%くらいが善玉菌になったという報告もあります。
増えた善玉菌は虫歯の原因になりにくく、歯ブラシで簡単に剥がれ落ちます。
そのため歯の表面についているプラークの量も減っていきます。

では、キシリトールは他の糖(砂糖、果糖)と比較し、どのくらい虫歯予防効果があるのでしょうか?

フィンランドのトゥルク大学における2年間の実験では、砂糖と果糖の平均DMFS値(虫歯発生指数)は、それぞれ7.2と3.8でしたが、キシリトールでは、事実上全く新しい虫歯は発生しなかったという報告があります。

また、キシリトール含有率の高い(70%以上)ガムには、歯垢中のミュータンス菌を減少させる効果があります。

キシリトールにはいろいろな効果がありますが、キシリトールを食べれば必ず虫歯予防ができるわけではありません。

一番大切なのは歯磨きです! 

皆さん、80歳で少なくとも20本の歯を保つように、歯の裏側や間、歯ぐきとの境目をきちんと、毎日磨きましょう!

人の歯の外側を覆う硬質なエナメル質のすぐ下の部分より、口腔内酸性の度合いが弱くなりPH(ペーハー)値が5.5~5.7より小さくなるとリンやカルシウムが溶解して消えてしまいます。
歯の表層に固着した歯垢と歯石などを取り除く処置をデンタルクリーニングと呼びますが、さきほどの歯垢と歯石などは不愉快な虫歯の遠因とされています。
口の中の臭いの存在を親族にも問うことのできない人はものすごく多いと思われています。そう言う人は、口臭対策の外来を探して口臭の専門治療を実施してもらうのをオススメします。
一番初めは、歯みがき粉を使わずにしっかりと歯ブラシでの歯磨き方法をできるようになってから、最後の仕上げの際にほんの少しだけ歯磨き用の洗浄剤を使うとしっかり歯を磨けるようになるでしょう。
歯に付着する歯垢について果たしてあなたはどのくらい理解していますか?テレビやCMでも毎日のように流れる言葉ですので、初めて聞いた、と言うことはないのではないかと感じます。


歯科衛生士による在宅医療で求められているのは、まずは患者の口腔内を清潔にすることです。患者の口の中が汚れている状態のままだと、細菌が増殖した不衛生な歯のカスを飲み下すかもしれません。
長いこと歯を使用し続けていると、外側のエナメル質はいつのまにか減ってしまって弱くなるので、なかに存在する象牙質の持つ色が気付かない内に透けて見えるようになります。
ムシ歯を要因とする知覚過敏は、ムシ歯は思いの外進行してしまっていると予想され、ずきずきとした痛みも引き続きますが、そうではない際は一時性の病状で落ち着くでしょう。
PMTCの利用で、毎日の歯ブラシを使った歯の掃除では落とし切ることのできない着色汚れや、歯石とも違うゴミ、ヤニなどを見事なまでに無くします。
歯に固着する歯石はプラークと違って硬いであるが故に、毎日の歯みがきで取ることが厳しくなるばかりか、不都合なことに細菌の増えやすい家となり、歯周病を招きます。


つい最近では歯周病になる元凶を退けることや、大元となる菌に感染したゾーンを治療することによって、新しい組織の生まれ変わりが実現できるような治療のテクニックが出来上がりました。
下に比べて上の親知らずは麻酔の効用が有効である抜歯の瞬間もほとんど鈍痛に感じるといったケースが少なく、痛みを嫌う方だとしても手術は比較的容易に為されます。
美しく麗しい歯並びを手に入れたい人は怜悧に美容歯科を得意とする歯科を駆使してはいかがでしょうか。優秀な美容外科ではトータル的に万全なに施術を実践してくれると思います。
審美歯科治療とは見た目の美しさばかりではなしに、歯列や噛み合わせの修整によって、そうすることで歯牙が持つ生来の機能美を取り戻すということを追い求める治療の方策です。
口の開け閉めによる筋肉の緊張を改善し、ずれてしまった顎関節の内側を正常に戻すリハビリを行ったり、顎関節の運動を円滑にするリハビリを実行します。

いまでは広く世間に認識されている、例のキシリトール配合のガムの特徴によるむし歯の予防策も、そうした研究開発の成果から、築き上げられたものということができます。
口腔外科というのは、むし歯、歯槽膿漏更には義歯等の治療だけにとどまらず、口のなかに発症してしまうさまざまな不調に適応できる診療科でしょう。
深くなった歯周ポケットという歯と歯茎の隙間には、汚れた歯垢が簡単に蓄積しやすく、このようにして蓄積してしまった場面では、毎日の歯のブラッシングのみ実施しても、残念ですが完全には取り除けません。
ある研究によると、顎関節の異常だという自覚症状がなくても、大体35%ぐらいの人が歯みがきをしたりする折に、これに似た奇怪な音がすることを感じていたそうです。
歯科の訪問診療の場面では、医師の治療が一通り終わった後も口をケア、ある一定のペースで担当の歯科衛生士が、お邪魔させていただく事がままあると言われます。

口の中の乾燥、歯周病以外にも、入れ歯の使用が原因で生じる口の臭いなど、加齢と口腔内の臭気の関わりには、この上なく無数の理由があるそうです。
例えば噛みあわせのトラブルのなかでもことさら前歯が頻繁にぶつかり合う状態では、歯を噛み合わせる度に力が、上顎の骨の前や鼻の骨に特にかかります。
デンタルホワイトニングは、歯の外面の汚れた物質をじっくり掃除した後におこなうのですが、自宅で実施できるホームホワイトニングと歯科医院で実施するオフィスホワイトニングの施術場所の違う2種類が選べます。
親知らずを切除するときには、相当に強い痛みを逃れることはできないがために、麻酔を活かさない手術を遂行するというのは、患者さんにとって重い負荷になると推察されます。
入歯というものに対して馳せるマイナスのイメージや思い込みは、自身の歯牙との使った感じを対比させるために、増幅していくためだと類推されます。

大切なのは虫歯を引き起こす虫歯菌や歯周病菌を我が子に近付けないためにも、結婚・出産を考えている女性陣は歯の診療は、きっちりと完了させておくのが絶対だと思っておいてください。
歯の表にくっついた歯石と歯垢等を除去する処置を、歯科ではクリーニングと呼びますが、それらの歯石と歯垢などは、虫歯の誘発事項と言われています。
嫌なプラークが溜まらないうちに、毎日歯石ケアを忘れずおこなう事が、とても重要なポイントになります。歯垢の付きやすい所は、よくブラッシングすることが特に大切になります。
歯周組織復活のために、エムドゲイン治療の実行は極めて効力を持つ治し方なのですが、それでさえ、完璧な再生の作用を手にする保障はないのです。
口腔内の臭いを放っておく事は、周囲の人への負担は当たり前のことながら、本人の精神衛生的にもどうしようもないキズになる場合があるのです。